取得しておけば有利になる資格

リスニングやスピーキングの高い能力が問われるTOEFL

外資系の企業に転職する予定であるなら、高い英語能力を持っていた方が有利です。外資系企業で働くとなると仕事で英語力が欠かせません。外資系への転職では面接でも英語力が試されます。そこでTOEFLの資格を取得すると面接でも有利です。
TOEFLの資格試験は、リーディングやライティングに加えて、リスニングやスピーキングの能力も問われます。多くの英語の資格試験では聞いたり話す能力を問う課題内容ではないため、外資件の面接に通用する英語能力が身に付いているかの目安にはなりません。その点でTOEFLは総合的な英語能力を問う試験であり、高いスコアを獲得していれば外資系企業での面接にも十分に対応できる実力を持っています。

英語能力に加えて高度な国際的知識も求められる国連英検

外資系企業への転職にあたり、国連英検の資格を持っていると面接対策や人材としてのアピールに有利です。国連英検は英語関連の資格の中でも高い難易度を持ち、英語能力はもちろんのこと国際的な幅広い知識が求められる点が特徴として挙げられます。詳しい国際政治や経済に関する知識、ビジネスの実用的な知識についても持ちあわせていなければ資格取得は難しく、この資格を取得できる合格者は限られています。
国連英検にはいくつかのレベルが存在していて、特に上位の資格であるA級や特A級を取得していると外資系企業への転職ではかなり有利です。受験に必要な費用自体は少ないため、もし英語能力に高い自信があるなら転職前にチャレンジする価値はあります。

外資系の求人は、語学力やコミュニケーション能力などが要求されることがあり、地道に条件を確認することが重要です。