必ず外資系の転職に成功するために

自己主張をしっかりと出来る人材が求められる

外資系の転職活動では、自己主張をはっきりとできる人材が求められますから、面接では曖昧な受け答えや返事などは絶対にしないようにしましょう。
外資系の面接は基本英語で行われることがほとんどですので、ビジネス英語はもちろんのこと日常生活を送る上で不便の無いレベルまで英語力を身に付けている必要があります。企業によっては面接の際に自己PRを長めに行ったり、英語での討論などを行う場合もありますから、英語で交渉などを行える能力なども必須です。何事もはっきりということができ主張をしっかりと出来るビジネスマンが外資系では重宝される傾向にありますので、外資系に転職される予定がある方は、日頃から自分の意見をしっかりと持っておくことを心がけていきましょう。

曖昧な志望動機では採用してもらえない

外資系の採用面接では曖昧な志望動機では採用してもらうことが困難です。
志望動機が明確であり、前職での経験やこれまでの経験あるいは資格などを、外資系企業でどのようにして活かしていくことが出来るのかをしっかりと説明できなければ、面接でパスすることは困難です。外資系に転職をする前にこれまでのサラリーマン人生の中で掴んできた能力は何なのか今一度自分で確認してみましょう。他人にはない強みを発見出来た場合には、それを職務経歴書などにまとめるようにしましょう。外資系企業は高待遇で雇っているところが多いですが、その分倍率も高く、正社員として雇用されるのは狭き門ですから、働きたい業界の会社を片っ端から受けていくことが大事です。

英語で履歴書を書くときには、文法や表現の使い回しに注意をすることはもちろん、相手方の立場を考えることが大事です。